Jazzと読書の日々

iPadを筆記具として使う方法を模索します

「書く」という病い

白いプリンターの紙に書き込もうとしている人の写真 – Unsplashの無料健康写真

文章を書くことは病気である。 平和に過ごしているとき何かを書きたいとは思わない。 ただ日々が流れていくだけだ。

「書く自分」と「読む自分」がいる。 自分が分裂している。 不和を抱えている。 この分裂を修復する試みが「書く」なのだろう。 「書くこと」をやめたところで分裂はなくならない。 「症状を消せば解決する」でないところが難しい。

自己の分裂

状況を整理するために書くことがある。 タスクリストをリストアップしてみる。 そうした作業でも「書く自分」と「読む自分」が生まれる。

「書く自分」と「読む自分」は葛藤を起こす。 葛藤があったから分裂するのか、分裂したから葛藤するのか。 それはわからない。 同時に生起するのだろうか。 「卵が先か、鶏が先か」と同じ共時関係にある。

書くことをしない場合「葛藤」は状況として生じる。 葛藤を抑圧する人は自らが「抑圧する側」に回り、誰かを「抑圧される側」に据えることで「葛藤」を演じる。 いわゆるパワハラだ。 それもまた自分の「健康」を保つ手段なんだろう。

葛藤を無視する人は自らが「無視する側」に回り、誰かを「無視される側」に据える。 こちらはネグレクトである。 国会の答弁を見ていても「知らなかったから許される」というロジックがまかり通っていて、聞かされる方は無力感に陥る。 こちらの問いかけが無視されるからである。

「書くこと」は状況を引き受けることである。 パワハラがあるならパワハラの構造が、ネグレクトがあるならネグレクトの構造が自分の内界に構築される。 要らないものを背負い込む感じだ。 「書きたがり」は自分から病気に飛び込む。

「書く自分」に対し「生意気なことを言う」と声がしたり「よくあることでしょ」とスルーされたりする。 「状況」が自分の「葛藤」になる。 これはたまらないなあ。 ああ、苦しい。 あたしはマゾか。 この「葛藤」は自分の葛藤なのだろうか。

帰属問題

ストア派の「他者を変えることはできない」という考え方がある。 あれに従うと自分だけの「葛藤」があるような気分にさせられるが、それは嘘だろう。 他者と無関係な「自分」などないし、自分の「葛藤」は他者との関係から生じる。

自他のいずれに帰属させるかという意識がそもそも間違えている。 そうかもしれない。 どちらにも関わるし、どちらかでは解けない。

自分の葛藤として引き受けることで、不用意な拡散を自覚できるようになる。 「書くこと」は病気ではあるが、他者を巻き込んだ「状況の病い」になることの回避でもある。

そのことには意味があるけれど、それだけだと「他人に迷惑をかけるのはやめましょう」という話だ。 それはパワハラやネグレクトの温存になる。 生きることは「迷惑」の連続である。 「大きな迷惑」は迷惑だが「小さな迷惑」まで禁じては埒があかない。 「小さな迷惑」は「大きな迷惑」と戦うための対抗策になる。

シミュレータ

「書くこと」は対話のシミュレーションである。 「書く自分」と「読む自分」の対話が進むなら、それが「状況の病い」についてのヒントになる。 自分を批判する「声」が湧いてきても、そこに耳を傾けないことには先に進めない。

「状況の病い」は一方的に押さえつけたり無視したりする構造なので、そこに対話はない。 対話が問題を解決するわけではないが、少なくとも対話があれば「状況の病い」は解消している。 それを先行して思考実験するのが「書くこと」である。

シミュレーションすることで「状況の病いの解消後」を先取りできる。 どうなると、その場の「葛藤」が終息したことになるのか。 それをイメージできる。

「書くこと」は「考えること」ではない。 「考える」は「要するに〜ということだ」という結論を目指す。 「書く」はそうではなく、もう少し演劇的である。 いろいろな登場人物がいて、それぞれが自分の生き方を持っている。 ポリフォニックである。

なので「葛藤の終息」は結論に至ることではなく、それぞれの「声」が交差することである。 いろんな立場の語りが表に現れ裏で独白し、混じり合ってまろやかになる。 ジグソーパズルのピースが埋められ、全体でどんな風景になるのかが見えてくる。

まとめ

「考える」と「書く」は異なる。 そんな結論になるとは考えてなかった。 いやはや、今回も「目の鱗」が見えたのでこれを宿題としておこう。

Obsidianにアナログ時計を載せる魔法

Textwellに載せたら次はObsidianにも。

HTML Reader

Obsidian - Connected Notes 1.5.8
分類: 仕事効率化,辞書/辞典/その他
価格: 無料 (Dynalist Inc.)

Obsidianは手抜きで。

プラグインの HTML Reader をインストールします。 これで拡張子が.htmlのファイルも表示できるようになります。 あとはWebアプリを作るのと同じ要領で。

Import Obsidian: HTML Reader

HTML Raeder の設定で「Operating Mode」を「Unrestricted Mode」に変更。 Javascript が有効になり、好きなように組み込める。 ほしいものが作れる魔改造モードです。

Clock.html

HTMLファイルを作ります。

<style>

#clock {
  position: relative;
  margin: auto;
  margin-top: 100px;
  width: 50vw;
  height: 50vw;
  background: chocolate;
  border-radius: 50%;
  border: 1px whitesmoke solid;
}

#hour, #minute, #second {
  position: absolute;
  border-radius: 5px;
  transform-origin: bottom;
}

#hour {
  background: black;
  width: 2%;
  height: 25%;
  top: 25%;
  left: 49%;
}

#minute {
  background: black;
  width: 1.6%;
  height: 40%;
  top: 10%;
  left: 49.2%;
}

#second {
  background: silver;
  width: 1%;
  height: 40%;
  top: 10%;
  left: 49.5%;
}

#center {
  position: relative;
  background: black;
  width: 5%;
  height: 5%;
  top: 47.5%;
  left: 47.5%;
  border-radius: 50%;
}

#clock12{
  position: absolute;
  color: black;
  font-weight: 800;
  top: 3%;
  left: 47%;
}

</style>

<body>
<div id="clock">
  <div id="center"></div>
  <div id="hour"></div>
  <div id="minute"></div>
  <div id="second"></div>
  <div id="clock12"></div>
</div>

<script>
setInterval(() => {
  d = new Date()
  h = d.getHours()
  m = d.getMinutes()
  s = d.getSeconds()
  hr = 30*h + m/2
  mr = 6*m
  sr = 6*s

  hour.style.transform = `rotate(${hr}deg)`
  minute.style.transform = `rotate(${mr}deg)`
  second.style.transform = `rotate(${sr}deg)`
}, 1000)
</script>

</body>

mdファイルにスクリプトを書いてから、純正ファイル・アプリで拡張子を書き換えればいいかな。 「表示オプション」に「すべての拡張子を表示」があるので、これをチェックすると「名称変更」で拡張子も変更できます。 これで書き換えてしまう。

使い方

サイドパネルに入れておけばいつでも時刻を確認できます。

サイドパネルへの設置は Memos と同じ方法です。

HTMLの修正

Paperだと直接HTMLファイルのソースを編集できます。 配色をカスタマイズする場合、そのたび拡張子を書き換えるのは面倒だし、iOSならこのアプリを使うのが良さそう。

まとめ

HTML Reader に Javascript は使えないと思っていたので、無制限モードの発見は驚きでした。 と同時にリスクは高いですね。 なんでもできちゃう。

Obsidian自体を壊す恐れもあるのでご注意ください。

Textwellを置き時計にする魔法

スクリーンセイバーみたいなのが欲しくて。

Clock

このサイトにスクリプトがあったので参考にしてみました。

3本の線があって回転すると、それだけで「時計」と思っちゃうんですね。 人間の認知っていい加減だよなあ。 だから世界はうまく動いている。

使い方

起動すればアナログ時計が表示されます。

サンプルでは時計の背景画像を使っていたのですが、面倒なので円を描画するだけにしました。 しょぼい。 見栄えは良くないけど、配色を変えてもらえば何とかなるかな。

とにかく動けば正義ということで。

閏秒

地球の自転速度のズレを秒単位で修正する方法ですが、廃止になったんですね。 知らなかった。 たしかに使いにくいものなあ。

廃止に至った理由が「コンピュータの誤作動を起こすから」というのも、科学的でないというか、仕方ないというか。

これからちょっとずつ時間がズレていっても、それは影響のない範囲に収めることができるのだろうか。 「地球の回転速度が変わってきてるから」という理由もあるみたいで、それはそれで地球は大丈夫なんだろうか。

「時間」は人間の約束事であって「現実」と接地しようとするとムリが生じる。 でもこの約束事、一度導入されると影響力が甚大になるようにできている。

これは「呪い」の一種だな。

まとめ

魔法はスクリプトでできている。

TextwellのZoomアクションを鍛えてみた

たいてい、背景→設定→使い方→感想の順に書いてます。

Zoom

この間作ったアクション。 いいわあ。 スライドカーソルも使え、指に馴染みます。

見出しに挟まれた範囲を「ブロック」と見なし、ズームするとそのブロックだけ編集できる。 ズームアウトするとテキストに戻り、テキストをブロックの集まりとして扱える。

この書き方、ブログに最適じゃないだろうか。

Import Textwell ActionZoom

変更点

ブロックの一行目をタイトル欄に表示しました。 どの部分を書いているのか確認しやすい。 一行目を書き換えればタイトルも変更されます。

あと、見出しの先頭で実行すると変な動作だったので修正しました。 配列バッファを採用。 空行で実行したとき、カーソル以降も取り込む形式にしました。 ブロックを分割するときに使えます。

まとめ

ズームするだけで文章の構造が調えられる。 これは新しい。

「哲学探究」という戦い

いつ読んでも謎は尽きない。

野矢先生はわかりやすい

ウィトゲンシュタインの「哲学探究」を書いてあるままに丁寧に読もうという作品。

野矢先生は第一人者だけあって読みやすい。 日本語で考えている感じがしますね。 「ここはわかりにくいけど」「納得いかないなりに考えれば」と一文ずつ格闘しているのが伝わってくる。 一緒に考えながら「哲学探究」の迷宮を旅する内容になっています。

自分なりにわかった範囲で書くと、この本は「哲学」を治療する方法を模索してます。 これまで「哲学」は問題にならないものを問題と捉え、その答えを探してきた。 二重に間違えてきたわけです。 問題の立て方を間違えて、その問題に答えがあると思い込んでいた。 それでどんな結論が出ようと、どこか不自然なものになってしまうわけです。

なので、その病気を治すには「それは問題になっていない」と理解することです。 それが「哲学を治療する」ということ。 哲学を哲学する「メタ哲学」になっています。

これは哲学者だけの問題でしょうか。 いえいえ、普通の人たちの話なんです。 不祥事が起こると「規範意識が薄かった」と分析し、社員全体に研修会を開く対応を取る。 でも本当に「規範意識」なんてあるのでしょうか。

問題の立て方が間違えていて、さらに間違えた答えの探し方をする。 誰もが常日頃やっていること。 「問題」はそうした二重エラーの構造をしています。

ウィトゲンシュタインは汎用性ある「治療」を提案しているわけです。

これは心理学?

哲学探究」は言語ゲームとか出てくるので、ずっと言語学寄りの哲学だと思っていました。 言語哲学とか分析哲学とか呼ばれてるし。 でも、野矢先生の本を読んでいたら、ふと「心理学の話じゃないか」と思いました。 根拠はないんですけどね。

哲学探究」は1951年にウィトゲンシュタインが亡くなってから、遺稿として編纂された本です。 オーストリア生まれのユダヤ人ですが、イギリスに移住し第二次大戦をやり過ごすことができました。 当時は精神分析の全盛期でした。 と同時にアメリカでは行動主義心理学が台頭してきていた。

どうも「哲学探究」はこの二つの心理学を意識している。 どちらにも与しない第三の道を模索しています。 「内界と外界がある」という立場も「振る舞いがあるだけ」という立場も、両方とも袋小路に陥る。 別の前提から始めないと「心」について語れないんじゃないか。 そういう問題意識ですね。

「心について語る言語ゲーム」が先にあり、その効果として人の中に「心」が形成される。 「事後的に心が生まれる」というのが、ウィトゲンシュタインの考えた「新しい心理学」だと思う。 この仮説でうまくいくかどうか。

彼の綱渡りが始まります。 日常のいろいろな場面に自分の仮説を当てはめ、検証していく。 「哲学探究」はそんな実験をしている印象を受けました。

三つの疑問

個人的には中頃で出てくる「三つの疑問」が面白かったです。

  • 「閃き」とは何か
  • 言葉を使わない思考はありうるのか
  • 「ピッタリ来る」とはどういうことか

この三つ。 このブログでも時々そんな話題を振ることがありますが、この三つにはいい説明ができないんですよね。 文章を書くときにぶつかる疑問ではあるけど。 やはり一筋縄ではいかない問題であったか。

通常は「頭の中に言葉にならない何かがあって、それが唐突に意識に上ったり、言語化されたりする」と考えるわけですけど、そうした説明の仕方を「本当かなあ?」と考え直してみる。 「喉まで出かかっているんだけど」という人の喉を切り裂いても「何か」がそこにあるわけではない。 あるのは「喉まで出かかっている」という言葉の表現です。

あるいは「ラーラーラ、ララーラ、言葉に出来なぁーい♪」という歌があるとしても、それは「言葉に出来ない」という言語ゲームである。 言語ゲームだから、それを聞いた人も「ああ、言葉に出来ない思いがあるんだな」と共感することができる。 ふたりの間に事後的に「心」が生まれるわけです。 ヴァーチャルな存在として「心」があり、それに実体はなくても実効性はある。 色即是空

これはあれかな。 全然言葉のわからない東南アジアの街を歩いていると、そこらじゅうに読めない文字の看板を見かけます。 幾何学模様の装飾と同じように見え、エキゾチックな雰囲気を醸している。 それが少しでも文字が読めるようになると、その空間が意味や情報に満たされ「模様」としての側面を消してしまう。 読めてしまうことで新しい言語ゲームが始まってしまう。 あの感じだろうか。

夢とは何か

ウィトゲンシュタインがやり残したとすると「夢」かな。 夜に見る夢。 あれは言葉じゃないんですよね。 体験そのものが頭の中を流れていく。

言語ゲームで説明するにも暗礁に乗り上げそうな気がします。 本を読む体験に似てるんですけどね。 本に没頭していると、書いてある情景が浮かび、登場人物の心情を追体験している。 あれは文字を介して「夢」を見ているような感覚のものです。

「読む」という言葉は「夢」の親戚じゃないかと思います。 「yomu」と「yume」。 母音が替わっているだけ。 「心を読む」や「空気を読む」のように、文字以外も「読む」の対象になります。 「闇」や「黄泉」のように、明るい表面の反対を指している。

この「夢」の起こるところも「心」だと思うけど、これも言語ゲームとして捌けるものなのだろうか。

まとめ

「それは夢だよ」と言われることで「夢」と知るわけだから、たしかにそれ以前は「現実と夢の区別もつかない」の状態ではありそう。 ただ「未分の体験そのもの」と西田幾多郎みたいに考えると、ウィトゲンシュタインに「莫妄想」と言われる感じか。

Obsidianでアイゼンハワーマトリクスする

面白い記事を見つけました。

アイゼンハワーマトリクス

Kanbanプラグインを使って四象限を作る方法です。 書いてあるcssを適用するだけ。 そんなに長くないし、コピペでOK。 簡単ですね。

でも、これで使い勝手が大きく変わります。

カスタムcss

CSS Editor を使えばモバイルでも書き込めます。 e-matrix.css という名がいいかな。

Kanbanプラグインの List width を 500 にしてください。 iPadだとこれくらいが画面に収まって使いやすいです。

設定の仕方

ファイル名に「e-matrix」が含まれるようにします。 そしてリストを4つ作る。 すると4つのグループがブロックになって並びます。

あとはKanbanの要領ですね。 カードを書いてドラッグ&ドロップで移動。 マトリクスは「緊急度」と「重要度」で分類します。 GTDを視覚化する方法とも言える。 「緊急で重要」なところから手をつければ物事は片付いていきます。

ファイルメニューの「マークダウンとして開く」でテキストに変換できます。

まとめ

四象限の分け方を変えれば、論文の構成にも使えますね。

追記

Kanbanを起動するには下記のように書いて開き直す。

---
kanban-plugin: basic
---
## すぐやろう
## 予定に入れる
## 人に頼む
## いつかできたら

そして e-matrix とファイル名に書けばマトリクスになります。

Textwellでブロックをズームするアクション

ブロック・ライティングをTextwellでもやってみる。

Zoom

Textwell 2.3.3
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥400 (Sociomedia)

ObsidianのZoomが面白いので再現してみました。 スライドカーソルのZenとの融合体です。 「ただ書く」をブロック単位で行います。

Import Textwell ActionZoom

使い方

見出しに挟まれた範囲をブロックと見なします。 見出しは #### に限定。 ブログの区切りに使っているので、個人的にはこれで十分。 変更する場合はスクリプト内の変数crで指定します。

Zoomを実行するとそのブロックだけ表示し編集モードになります。 キーボードを閉じれば自動で変更を保存します。

空行のとき

新しい段落を追加するときは空行で実行してください。

書き始めはゆったりと余白を多いめに取っています。 保存時に自動で見出し記号がつくので、タイトルにMarkdownは要りません。 記法を気にしなくて済みます。

ブロック・ライティング

Workflowyで気に入っているのは、折りたたみや並べ替えではなく、ズーム機能。 そのトピックだけ表示する。 文脈には文脈の重要性があるものの、それは推敲段階で考慮すればいいことです。 テキストを生やすときには足枷になる。

なので、ObsidianのZoomプラグインがテキストのままズームすることに感動しました。 そう、コレなんです。 この感触。 それが自分のスタイルに必要だったものです。

いま書いている部分に気を集中する。 他のエディタでは味わえない書き心地。 テキストが有機的に活動し始める。 いいですよ、このズームの感じは。

この方法、Textwellでは使えないものと思ってました。 そうしたコマンドは用意されていません。 でも、ないなら作ればいい。 それがTextwellです。 そう考えたら、簡単な方法が思いうかびました。 編集画面を別に作るだけじゃないか。

そして、編集画面ならZenアクションで実行済みです。 そこにテキストを収めるバッファを追加する。 それだけのことで、Textwellでもズームを実現できたわけです。

まとめ

ブロック・ライティングだとスルスル書ける。